About me.

自己発信する理由。

★何故から始めよう。

Umeshi
Umeshi
『ゆとRe:教育』をご訪問いただきまして、ありがとうございます!運営者のUmeshiです!さて、初めて来ていただいた方の為にまずは早速”『Umeshi BLOG』を始めた理由!”について書いていきたいと思います。
読者A
読者A
…いやいや!その前に、まずは『Umeshi BLOG』がどんなサイトで、どんな活動をしているのかを教えてよ!
Umeshi
Umeshi
まあまあ、そんなに慌てずに…あ、折角なので本題に入る前にまずはコチラの動画をご覧ください!

世の中の誰にせよ、どの組織にせよ、自分たちが何をしているのかは分かっています。どうやるかを分かっている人もいます。しかし、「何故やっているのか」が分かっている組織や人は非常に少ないのです。何のために。何を信じているのか。その組織の存在する意味は何か?

人は「何を」ではなく、「なぜ」に動かされるのです。
自分が提供するモノを必要とする人とビジネスをするわけではなく、
自分の信じることを信じる人とビジネスするのを目的とすべきです。

-youtube【「WHYから始めよう」サイモン・シネック『優れたリーダーはどうやって行動を促すか』 イノベーション普及の法則】より引用

『Umeshi BLOGがどんなサイトなのか。どうやって活動していくのか。

それよりも重要なことが、

なぜ、『Umshi BLOG』を始めたのか。ということなのです。

★物事を伝える誤った順番
①WHAT(何を?)
⇒②HOW(どうやって?)
⇒③WHY(なぜ?)

★物事を伝える正しい順番
①WHY(なぜ?)

⇒②HOW(どうやって?)
⇒③WHAT(何を?)

なので、まずは皆さんになぜ『Umeshi BLOG』を運営することにしたのか。
ということを知っていただこうと思います!

Umeshi
Umeshi
それでは早速、本題へ参りましょう!

★なぜ、『Umeshi BLOG』での自己発信を始めたのか。

僕が『Umeshi BLOG』を始めた理由、それは、

学生時代、夢を叶える為に学ぶべきこと(=学びたいこと)が全く分からずに、夢を諦めてしまった自分が、25歳になり、夢を叶える為に学ぶべきこと(=学びたいこと)明確になりつつある。明確になったことで、もう一度夢を叶えられる確信が湧いた。まだまだ学んでいる途中ではあるが、その過程から発信していくことで、自分と同じような状況にいた人たちの参考になりたいと考えた為。

です!

★夢はあった。
しかし、何を学ぶべきか全く分からなかった学生時代。

僕は、小学2年生の時に、父の影響でサッカーを始めました。

サッカーを始めた年に、日本でワールドカップが開催され、僕はサッカーの虜になり、『プロサッカー選手になりたい!』という夢を抱き始めました。

中学生になっても勿論サッカー部に所属し、始めて自分の意志で道を選ばなければならない高校進学時には、全国大会出場歴のある強豪校を選びました。

結局、高校時代は100人ほどの有望な選手たちに埋もれ、公式戦には一度も出場することは出来ませんでした。

そして、僕にとっては人生で2度目の、自分の意志で道を選ばなければならない場面、高校卒業後の進路を考えている時に改めて、

『自分がやりたいことは何だろうか。』

と自分自身と向き合いました。

高校では一度も公式戦に出ることが出来なかったにも関わらず、

やっぱり、『サッカーで食べていきたい!』という自分しか見当たりませんでした。

そんな自分は、周りの友人たちのように、

法学部・経済学部・心理学部などの学部名を聞いても、全くピンと来ず、自分の夢に対しての学ぶ必要性も感じていませんでした。

そんな僕が唯一、興味を持てた1つの学部がありました。

それは、

『リベラルアーツ学部』です。

自分なりに調べてみたところ、

『前進が国際関係の学部であることから、国際関係のことを学べたり、その他様々な一般教養となる授業を1・2年生時に体験出来るという面もあるので、入学時点でやりたいことが見つかっていない人が進学することが多い学部。』

であるということが分かりました。

『何を勉強すべきか分からない自分にとっては、ピッタリの学部だ!』

と感じ、リベラルアーツ学部がある大学のうち、サッカー部も強い大学を探し、そこだけに焦点を絞り受験勉強を行い、無事に入学することが出来ました。

しかし、大学受験を機に、張りつめていた糸が切れてしまい、結局、サッカー部には入らず、地元のメンバーとフットサルに明け暮れる日々を過ごしていました。

大学の授業に関しても、自分が思っていたような授業ではなく、経済学・社会学・心理学など、今既に存在している学部の体験のような授業ばかりで、結局学びたいことも見つけることが出来ていませんでした。

サッカー部にも入っていない、興味のある授業もない大学は、僕にとって行くべき価値のある場所ではなくなってしまい、2年生時に自主退学を決意しました。

その後、サッカー選手になりたいという夢にもう一度向き合い、家族に支えてもらいながら、海外でプロとしてプレーするチャンスを獲得することが出来ました。

1シーズン、確かにプロとしてプレーする夢は叶えられたものの、未熟な選手だった僕の環境は、あまり良いとは言えず、帰国して、日本でプロを目指す決意をしました。

日本でも、自分自身でプレーする環境を選べるほどの実力がない僕は、地元の関東を離れて、関西に行ったり、東北に行ったり、少しでもチャンスがあれば、なんとかこじ開けようと、プレーを続けました。

気が付けば、23歳になっていました。

周りの友人たちが大学を卒業して、社会人として立派に自立していく中、僕は月給8万円ほどの稼ぎしか得られておらず、当時お付き合いをしていた彼女の誕生日にも、欲しいものをプレゼントしてあげることが出来ませんでした。

そんな状況に、

『このまま夢を追いかけ続けてて良いのだろうか。』

という疑問、不安、焦りを感じ、

23歳、日本でプロのセカンドチームでプレーしている時に、僕は選手を引退することを決意しました。

そして、パソコン関連のスキルを身に付けられる会社へと就職し、社会人としての日々を送る中で、

『当時の自分にもしこのスキルがあれば、サッカーを続けていたかもしれない。』

『当時の自分が学ぶべきこと(=学びたかったこと)は、こういうことだったんだ!』

と思える情報を、たくさん知ることが出来ました。

そして、

『当時の自分が学びたかったことが学べる大学はなかったけれど、大学が無くても、現在の自分なら、様々な情報から学ぶことが出来る。そして、夢を叶えることが出来る。

と考え、もう一度学び直して、

『サッカーで食べていきたい!』という夢を叶える為に動いていく決意をしました。

1人でも多くの自分と同じような想いの人が、今の社会や会社、自分が置かれている環境を否定するでもなく、自分を否定するでもなく、上手く現代社会と関わっていき、手に入れたい未来を得られる参考になるよう、僕が夢を叶えていく為の学びの過程を発信していきます

以上、『Umeshi BLOG』をこれからどうぞ、宜しくお願い致しますm(__)m

”Umeshi BLOG”とは。コチラの記事をまだお読みでない方がいましたら、 是非、コチラの記事もお読みください!↓ https://yutori-not...